トップ >> コンピューターの性能

電子機器の作動の情報

クロック周派でわかる性能

全体からの観点でのアーキテクチャや設計について説明します。手法として、性能が悪化しないように注意深く見極める必要があります。また、コンピューターの設計はまず、最適化する部分を決めることです。これは制約上の条件に考慮する必要があります。機能や消費電力などの要素が考慮される場合があります。基本的な条件とは、一般的にトレードオフで決まります。コストや、メモリの容量のことです。理想としては部品のコストも踏まえ、パソコンの各部分の性能の向上が比例すると考えられます。すなわち、その部品のコストによって、コンピューター全体の性能が決まります。

容量でわかるコンピューター性能

コンピューターの性能については、クロック周波数でわかることが多いのです。クロック周波数とは1秒間に何サイクルしたのかを表すものであり、これでCPUのクロック数を知ることができます。だからと言って数値が高い方が性能が良いコンピューターとは言い切れません。なぜならば、最近ではこの数値の伸びが悪いということ。製造社も別の観点からの性能を示すようになったということです。別の観点とは、キャッシュう要領によって性能がわかるようになっています。クロック周波数がどんなに早くても詰まっていては意味がないのでキャッシュ容量が多い方が、実際にプロセッサは速くに動くことができます。