トップ >> コンピューター性能の改善

電子機器の作動の情報

コンピューターへ影響する要素

ここ最近では、CPUも複数の命令を実行することができるのです。これはスーパースケーラ方式というものでCPUの一種です。この方式によりコンピューターの性能は一気に改善されました。これはコンピューターシステムを構成する技術で、クロック周波数よりも性能がいいとされ、並列コンピューティングの内容を電子回路内に実装したものです。その他にも性能に影響する要素は様々あり、各回路がデータを交換する経路の速度や、実行ユニットの持ち方、容量などがあります。また、速さを考えるときに重要なものが2つある。それはレイテンシとスループットです。

レイテンシとスループットとは

コンピューターのレイテンシとスループットについて説明します。まずスループットとは、一定の時間に処理できる量を表します。そして、レイテンシとは何らかの処理がはじまってから終わるまでの時間を指します。また割り込みレイテンシとは、ディスクドライブの読み書きなどの完了の知らせるシステムが反応するまでの時間のことを言います。性能に関しては測定法によっても測ることができ、その用地に応じて測定は様々である。コンピューターシステムは必要に応じてボトルネックとなる部分が異うので3つのバウンドに分けられます。これは、重要な観点であります。