トップ >> コンピュータの設計方針

電子機器の作動の情報

アーキテクチャについて

アーキテクチャとはコンピューターにおいて、設計や基本的な設計思想などの概念を意味します。もともと、建物などの設計用語で用いられてきましたが、こういったの分野でも使用される用語となりました。この中でも特にハードウェアに用いられています。この言葉は1964年ごろに初めて使われました。これは具体的に実装は含まず、記憶回路の構成などです。実装や内部設計のハードウェアの更新などは自由にすることが可能である。これはアーキテクチャの定義を守る限りです。今では、決められたコンピュータにおいての設計方針と、実装例もがアーキテクチャの言葉が使用されています。

コンピューターシステムの設計

アーキテクチャは大きく分けて、命令セットアーキテクチャ、マイクロアーキテクチャ、システムアーキテクチャの少なくともこの3つに分類されます。命令セットアーキテクチャはソフトウェアから見てのインタフェースです。マイクロアーキテクチャは命令セットアーキテクチャには関係ないけれど実装において重要である。またシステムアーキテクチャはシステムの設計であり、コンピューターのハードウェア全般に関係するものであります。他の2つについてはソフトウェア等のハードディスクのアーキテクチャです。これは、当時の大型のパソコンと今のコンパクトになったコンピューターとの変化などのためによる全体の構成法の変化です。